忍者ブログ
16歳で旅立ったミルキー&心不全末期、肺水腫、腎不全のルーシー闘病記。そして、新入りノエルの子育てな日々
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
リンク
プロフィール
HN:
みる
性別:
女性
趣味:
食べる事
自己紹介:

★ミルキーは16歳と1ヶ月で天国へと旅立ちました。

頑張って生きようとする姿を見守り、最期は腕の中で看取ることが出来ました。




★ルーシーは15歳と9か月で旅立ちました。

心臓の腱索が切れたのが原因か、突然の心臓発作で倒れ、心不全(僧帽弁閉鎖不全症)の末期&肺水腫で一時は危篤。

これ以上の治療が出来無い為、投薬だけで通院しませんでした。

それでも、末期にも関わらず闘病1年5か月を自宅の酸素室で療養して生き抜きました。




★そして現在、生後2か月の女の子「ノエル」を新たに迎えて子育て中。

正直、子犬よりシニア犬に魅力を感じる私です。

まるで宇宙人の様な子犬相手に頑張って教育しています。

将来はミルキーやルーシーのように落ち着いた子に育って欲しいと儚い望みを…(遠い目)
バーコード
2017/05/28 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2015/12/18 (Fri)

ハウスでおねむzzz


お久し振りです。
1年と2か月弱振りの更新です。
ブログ記事を書くのが本当に久々で、アップの仕方すら忘れていました。
多分、またきっと不定期更新になると思います。
宜しかったら、たま~に覗いてやって下さい。

また、更新停止中に頂いたコメントにお返事が出来なくて本当に申し訳ありませんでした。
皆さんの温かいメッセージの一つ一つが心に響きました。
現在も看護に励んでいる方、旅立ちを見送った方、ルーシーの看護記録を通して見ず知らずの多くの方々の励ましや慰めのお言葉を頂きまして心から感謝しています。




今週、生後2か月になるノエルたん


突然ではありますが先週、シーズーの女の子を新たに迎えました。
名前は「ノエル」です。
フランス語で聖夜(クリスマス)の意味を持つチョット洒落た名前になりました(笑

ノエルの母犬を見せてもらった瞬間「ルーシーに似てる!」と感激して、この子を新たに迎える決定打になりました。
ルーシー似の顔に大きなミルキーの鼻をドッキングさせた様な愛嬌のあるお顔!
色んな意味で将来が楽しみです。




女の子ながら凛々しい立ち姿


ルーシーを見送ってから一度も「犬を飼いたい」と言ったことは無かったです。
ミルキーもルーシーも失ったあの悲しい瞬間をまた味わいたくない気持ちと、高額な費用や自分自身の体力に自信が無かったですし、何より覚悟がありませんでした。
何を飼うにしても、もう老犬介護のことしか頭に無かったんです。
でも兎や小鳥なら飼えるかな、なんて心の中で思っていました。




色はホワイト&ゴールド 腰の白い模様は途中まで


だから、家族から新しく子犬を迎えたいような事を言われてビックリしました。
ビックリしながらも速攻子犬探ししてる自分がいました。
今までのグダグダした葛藤は何だったのか!
費用や体力は何とかなるさ!!
介護なら経験済みさ!!
結局、本心では新しい家族が欲しかったのです。
不安な自分の背中を誰かに押して欲しかっただけなのだと思います。




兄弟があと2頭います。男の子だからノエルよりも骨格がしっかりしてる。


ノエルを迎えた事でミルキー達の存在感が薄れるかもしれないという事は全く無くて、むしろミルキー達の仔犬時代を思い出す切っ掛けに繋がり、今まで以上に「ミルキーやルーシーはこうだった」と会話に上るようになりました。
ミルキーとルーシーの思い出プラス、ノエルのこれからの歴史なのかな。




ノエルの首に鈴を付けて寝起きをすぐさま察知してトイレへGO!


さて、老犬なら慣れたものの子犬の世話は実に17年振りです。
もうまるで初心者のように「子犬の育て方」を読みまくり、あまりにも軽い子犬の体重におののいては「すぐ死んじゃいそう」などと縁起でもないことを口走ってしまう始末。

けれど、ミルキー達の時と違って子犬に振り回されるような生活では無くて、意外にもかなり落ち着いた暮らしをしています。
決してノエルに問題行動が無い訳では無いけれど…
うん、やっぱり老犬介護の方が何倍も大変でしたからね。




サークルに入れて早々、トイレシートへシッコ成功


サークル内でトイレシートにトイレをしてくれるのは本当に有難いです。
ミルキーもルーシーも寝床にトイレしても平気な子だったから、毎日ウンチの付いた足を洗ってました。

今週からサークル外へ出すようになって、2割くらい失敗するようになりましたが全然OKです!むしろ偉い!!。
サークルから出た最初から自分でサークル内に戻ってシッコ出来たのを見て「天才か!!!」と顎が外れそうな程驚きました。
何処にシッコしても良いように床にトイレシート広げてた私は何なの。




初日から、なんか全然物怖じしないんですけど…


最初の一週間、一日中観察してサークル内でシッコする度に「シッコシッコ」と声掛けしてしつこく褒め続けた成果が表れているのかしら。
夜中はキャリーの中で眠るノエルが起きる度にトイレに連れて行きシッコさせてきました。
就寝から朝までにノエルの首の鈴の音で3~4回起こされます。
毎日睡眠不足で、一回だけ私が爆睡してしまってシッコを中で漏らしたことがあったけれど。
その時、ノエルはキュウキュウ鳴いてました。すまん、ノエル。

失敗させる回数が少なければ少ない程、覚えが早くなるのは確かですね。
ミルキーは失敗させてばかりで、トイレを覚えるのに1年近く掛かってしまいました。




ハウスをよじ登って、注目して!って激しいアピール


困る事といえば、私が部屋から出て行くとギャン鳴きすることです。
数分~10分位、断続的に鳴いてます。
ノエルが起きている時は必ず鳴くので、寝ている時は起こさない様にスリッパを片手に忍び足で部屋を出て行っています。
オバちゃんになると冬はトイレが近いのです(笑
そして、何度も何度もギャン鳴きさせてしまってます。




毎度恒例のハウスをガジガジ


甘噛みもします。
おもちゃよりも私の手が一番好きらしく、手狙いでじゃれて来ます。
なかなか止めてくれない~~
カミカミされながら、ド根性で毎日教えています。




体重800gでミルキー達が来た時と同じくらい


ノエルのフードをふやかしている間、待ちきれなくてやっぱりギャン鳴きします。
子犬とはいえ結構大きな声で鳴きます。
鳴いている間は基本無視を貫いています。
これもその内、治まると良いなぁ。




寝床でシッコしないので、サークル内では100%トイレ成功


夜鳴きは殆どしませんでした。
私のベッド横の床にキャリーケースを置いてノエルを寝かせます。
最初の5分位鳴いて暴れて諦めて大人しくなります。
割と諦めの良いというか、躾しやすい性質ではないかと思いました。

一日中、テレビやラジオの音を聞かせて、冷蔵庫の扉の開閉音やペットボトルを踏み潰す音を聞かせても驚かない。
口笛を吹いて聞かせるとキューキュー鳴き(何故?)家のチャイムの音には無反応。
口笛は私が吹かなければいいし(あまりにも音痴で鳴いた?)
チャイムの音に反応させないためには、チャイムが鳴っても飼い主が慌てた素振りや「ハーイ」って大きな声で返事をしない事が大事。
ミルキーの時に、ハーイって言って小走りで玄関へ行っていたら吠える様になってしまった苦い経験があります。

体中触っても嫌がらないし、仰向けにしても嫌がらない。
直ぐにくっ付いて来て触れたがる甘えん坊。
うんうん、可愛い。

拍手

PR
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]