忍者ブログ
16歳で旅立ったミルキー&心不全末期、肺水腫、腎不全のルーシー闘病記。そして、新入りノエルの子育てな日々
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
リンク
プロフィール
HN:
みる
性別:
女性
趣味:
食べる事
自己紹介:

★ミルキーは16歳と1ヶ月で天国へと旅立ちました。

頑張って生きようとする姿を見守り、最期は腕の中で看取ることが出来ました。




★ルーシーは15歳と9か月で旅立ちました。

心臓の腱索が切れたのが原因か、突然の心臓発作で倒れ、心不全(僧帽弁閉鎖不全症)の末期&肺水腫で一時は危篤。

これ以上の治療が出来無い為、投薬だけで通院しませんでした。

それでも、末期にも関わらず闘病1年5か月を自宅の酸素室で療養して生き抜きました。




★そして現在、生後2か月の女の子「ノエル」を新たに迎えて子育て中。

正直、子犬よりシニア犬に魅力を感じる私です。

まるで宇宙人の様な子犬相手に頑張って教育しています。

将来はミルキーやルーシーのように落ち着いた子に育って欲しいと儚い望みを…(遠い目)
バーコード
2017/05/28 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2014/04/07 (Mon)

あんなに大好きだったフードを一口も食べないなんて!


食べる事大好き!な食欲魔人のルーシーが全くご飯に口を付けない時があって困っています。
1日に3回フードを与えてきて、現在は1食食べるのがやっとという状況です。
何の前触れも無く、今までペロッと平らげたのに突然食べなくなりました。



食べないのにフード周りをウロウロ


ゲップや伸びをしないので胃が気持ち悪いとかが原因ではないようです。
食べたい気持ちはあるみたいで、ご飯時にはシッポを振っています。
今まで、こんなに食べなかった時が無かったから色々悩んでいます。

試しに私のおかずの「とんかつ」の衣を剥いで一切れ差し出すと大喜びで食べました。
バナナも同様に喜んで食べます。
まったく突然にフードが嫌になったみたいです。



半分食べた残り。食べ残しは次回のご飯に。


心臓病と腎臓病を抱えているから、なるべく塩分や過剰な蛋白質、リンの多い食材は与えたくありません。
単に好き嫌いで食べないのなら、サプリメントや工夫でなんとか食欲減退を乗り越えたいと思っています。
そこで、こういう時の為に用意しておいたニュートリカルをスプーンで与えてみたら、凄く美味しそうに食べてくれました。
これはいける!と手応えを感じて、フードにニュートリカルをディップのように付けて一粒ずつ口へ運びました。
やっとの事で10粒食べてくれました。



先々週は体重3.8kgあったけど、今後は減っていくだろうなぁ


タンポポ茶+カルピス+利尿剤も進んで飲もうとしなくなったので、これは少々強引に口横からシリンジで注入。
タンパク質の不足の補給に豆乳を追加して、これもシリンジで与えたらなんかエライ喜びようで私の方ががビックリ!でした。豆乳ってそんなに美味しいのかしら。
心臓病の場合、必要なタンパク質は体の脂肪からではなく筋肉から得るそうで、結果的にゲッソリ痩せていくそうです。
だから食事できちんと良質なタンパク質を摂る事が必要なんです。
豆乳については、成人で1日200ccが摂取限度なので、ルーシーには1日15~20ccを温めて与えています。
また、大豆イソフラボンの過剰摂取は、腫瘍を大きく成長させてしまう危険性があるそうです。



ゴミ箱をペロペロする姿もあまり見られなくなってきて寂しい。


ネフガードやACE阻害剤を仕込むヨーグルトやフルーツゼリーは、幸いにも自ら口を開けてくれます。
味の濃いベトメディンすらイヤイヤして口を開けないから、こういった嗜好品がある事でかろうじて投薬を続けられています。
一度、錠剤を磨り潰して水で溶いてシリンジで与えたところ、激しく首を振って抵抗して飲み込まず吐き出して、悲鳴まで上げて嫌がったので断念しました。
今後もっと食べれなくなった時に、薬や流動食をシリンジで与える方法は無理そうだと分かってしまって先行きがとても不安です。



やがて、ご飯を食べるのを諦めてゴロ寝。


望まぬ変化なのですが、寝起きが悪くなったというか寝ている時間が増えました。
夕方まで食欲がまるで無いのと関係しているのかもしれません。

今まではスッキリ起きていたのが昼近くまで起きず、声を掛けて体をゆすっても起きない。
そんなルーシーを抱き抱えると、半目で頭をユラ~リユラ~リしています。
私はルーシをガン見して唇をギュッと噛み締め「あまりの可愛さ」にグッと耐えます。
そして、ふと思い付いて日当たりの良い窓辺へ近付き、ルーシーに眩しい太陽光線を浴びせればパチリと目を開けました。
太陽ビーム恐るべし(笑)



腹巻というか、チューブトップですな。まだまだ愛用中。


食欲が無くなってしまったけど、元気はあります。
今までの安定した状態から更に大きく一歩先へ進んでしまった感がハンパ無いのが残念でなりませんが、今すぐどうこうなる程のものでは無いと思います。

この状態を少しでも改善、または少しでも食べ物を口にする事を長く続けられれば数ヶ月は大丈夫なのではないか、そんな風に考えています。
ミルキーの時も食欲が落ちて、粉フードとニュートリカル、少量の茹でた肉しか食べなくなって数ヶ月頑張れました。



咳は殆ど無く、失神し掛ける回数も減りました。問題は食欲。


順調だと思って過ごしていたのに食欲が無くなって、こんなにも混乱してしまうんですね。
ルーシーの口にスプーンで、シリンジで運ぶ度「どうか飲み込んで!」と念じています。
嫌がって抵抗する力のある時はいくら口に入れても吐き出してしまい、特に投薬の時には泣きたい気持ちになります(心臓のお薬は続けて飲まないとかなり悪化します)

やけに食いつきの良かった「とんかつ」がまだあるし、最悪な場合の手はまだある。
食欲自体が無くなったら使えない切り札だけど、使うのは出来るだけ後にしたいです。
それまで頑張って細く長く命を繋げられたら良いなぁ。
16歳まで3ヶ月ちょっと!!

拍手

PR
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]