忍者ブログ
16歳で旅立ったミルキー&心不全末期、肺水腫、腎不全のルーシー闘病記。そして、新入りノエルの子育てな日々
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
リンク
プロフィール
HN:
みる
性別:
女性
趣味:
食べる事
自己紹介:

★ミルキーは16歳と1ヶ月で天国へと旅立ちました。

頑張って生きようとする姿を見守り、最期は腕の中で看取ることが出来ました。




★ルーシーは15歳と9か月で旅立ちました。

心臓の腱索が切れたのが原因か、突然の心臓発作で倒れ、心不全(僧帽弁閉鎖不全症)の末期&肺水腫で一時は危篤。

これ以上の治療が出来無い為、投薬だけで通院しませんでした。

それでも、末期にも関わらず闘病1年5か月を自宅の酸素室で療養して生き抜きました。




★そして現在、生後2か月の女の子「ノエル」を新たに迎えて子育て中。

正直、子犬よりシニア犬に魅力を感じる私です。

まるで宇宙人の様な子犬相手に頑張って教育しています。

将来はミルキーやルーシーのように落ち着いた子に育って欲しいと儚い望みを…(遠い目)
バーコード
2017/07/23 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2014/02/13 (Thu)

本日午後、酸素室内のルーシー


今週も快食快便で好調なルーシーでした。

興奮時にほんの少し咳(クシャミ)が増えたような気がしますが、以前の毎日100回を超える咳に比べたら些細な事でしょう。

心臓病の咳は、大まかに心臓の肥大による気管支の圧迫か肺水腫が原因のようです。
今思えば、ルーシーの異常に多かった咳は主に肺水腫によるものだったと思います。
毎日2mgの利尿剤を飲み続けて半年で、ようやく咳の減少に漕ぎ着けました。
その間、咳に良いとされる漢方薬(ラッセラ)の服用をしたりもしました。



画像を撮る為に電気を点けたら起きちゃった


肺水腫が原因と思われる咳は、肺の水が抜ければ無くなっていきます。
そこで処方されるのが利尿剤ですね。

でも、利尿剤だけでは肺水腫には一時的な効果でしか無いんです。
あくまでも心臓の調子を投薬で整えて(血流をコントロール)しなくては、いつも血管から水分が滲み出して肺に水が溜まり、まるでイタチの追いかけっこです。
じゃあ、利尿剤を増やせば良いと思いがちですけど、そうすると今度は腎臓に負担が増します。
長く心臓を患っている内に他の臓器の方が先にやられてしまうのは、こういうことが原因なのかもしれません。

ルーシーみたいに末期ともなれば常時水が滲み出ている状態でして、利尿剤は必須です。
腎臓への負担を考慮しながら、ACE阻害薬等と合わせて利尿剤が処方されます。
ただ、ルーシーの行っていた病院では咳が酷い時にも薬量の増加はありませんでした。
それで、心臓発作を何度か起して危険な時期には「このままでは死んでしまうかも!」と不安になって、利尿剤増量の変わりになりそうなタンポポ茶を飲ませるようになりました。



一度起きると”ごはんの時間”と勘違いする


ところで、肺水腫にレントゲン検査はあまり意味がありません。
溜まった水がどの程度減ったか、今は水が溜まっていないか等の「現在」の状態を知るだけです。
たったそれだけの為にレントゲンを撮る方が、逆に有害だと思います。

現在の肺の状態を知ったとしても、数時間後には肺が水浸しになる可能性があります。
急性肺水腫、心臓弁の腱索が切れる等でアッと言う間に重篤な状態になり得ます。
レントゲンを撮って何も無かったから安心、とはならないんですよね。



今週は更新しないつもりだったので、ついさっき慌てて画像を撮りました。


昨夜1時~2時半頃まで酸素室内でルーシーがウロウロしていて、なかなか眠ろうとしませんでした。
ハァハァ開口呼吸して落ち着き無く歩き、時々座っては伏せの体勢なろうとするのですが、その度に慌てて立ち上がってはまた歩き回っています。
酸素室内の温度と湿度が上昇している程です。

そんなルーシーの様子をずっと観察していました。
どうやら一時的に心臓の具合が悪くなっているみたいです。
こんな時、私に出来る事は何もありません。
私が見ていると余計に興奮するから、ルーシーの視界に入らないようにただ見守りました。

今回も、やがて落ち着いて何事も無かったかのように眠ってくれました。
もしかして肺水腫が酷くなったのかと想像してしまっていたから、私の心臓はバクバクでした。
最近ずっと調子が良さそうに見えるからって、いつもよりも長くルーシーを酸素室から出していたのを反省しました。

そして、今日の日中も変わりなく元気なルーシーです♪
いつも調子を崩すのは夜から朝なんです。



着膨れしてて可愛い。背中のポッケにはカイロが入ってます


昨年の12月辺りから「肺水腫」のキーワード検索で訪れる方が急増しました。
この寒さと低気圧の影響なのでしょうか。
とかく血圧が急激に変化し易いこの時期は、心臓発作も起き易いと思われます。
どうか愛犬共々オーナー様もお気をつけ下さい。

余談ですが、当ブログを訪れるキーワードは「心不全」「肺水腫」の次に多いのが「肛門腺破裂」と「脂肪腫破裂」です。
うんうん、ルーシーが破裂した時に私もよく検索しました。
なかなか詳しく書かれたブログが無くて、体験談を自分で書きました(笑)

あとは興味深い所で「陰部 出血」「お股 血」、「歯が抜けた」ですね。
年間通してこのキーワードは多々あります。
実は私もミルキーが膀胱炎になった時、歯が抜けた時に同じワード検索をしたことがあります。
結構、経験する出来事なのかもしれないです。

それから時期的に「犬の腹巻」が多いかな。
つい最近、その腹巻について書いたばかりでした。

でも私、思ったんです。
恥ずかしながら、当ブログで一番多い単語って「ウンチ」ではないでしょうか?
幸いというか、「ウンチ」一発で当ブログを訪れる方は今の所ありません。
なるほど。上には上がいるということですね。



体の中からポカポカ温まる飲み物です


寒い冬に体を温めるのには、熱い食べ物や飲み物が手っ取り早くて効果的ですよね。
最近、私のお気に入りは「ジンジャー(しょうが)」です。
特に上の画像のジンジャーティーが好きで、毎日何杯も飲んでいます。

また、粉末のしょうがをカフェラテに入れたり、ハチミツ湯に入れたりしています。
舌に残るスパイシーな生姜風味がたまりません♪
お腹からポカポカ温まると長時間持ちますよ。
是非、お試し下さい。





+++拍手お礼+++

■ろんまま様
いつも拍手有難うございます。魔女の爪、なんか凄い爪を想像してしまいました(汗)見るからに痛そうですね。ルーシーはそこまで伸びた経験はないんですが、後ろ足の一番外側の爪が直ぐに伸びてきます。だから外側の爪だけは注意して見てます。切らなくてもヤスリ掛けたりとかしたり。
運気上昇についてはパワースポット巡りが有名ですが、実際どうなんでしょうね?

拍手

PR
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]