忍者ブログ
16歳で旅立ったミルキー&心不全末期、肺水腫、腎不全のルーシー闘病記。そして、新入りノエルの子育てな日々
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
リンク
プロフィール
HN:
みる
性別:
女性
趣味:
食べる事
自己紹介:

★ミルキーは16歳と1ヶ月で天国へと旅立ちました。

頑張って生きようとする姿を見守り、最期は腕の中で看取ることが出来ました。




★ルーシーは15歳と9か月で旅立ちました。

心臓の腱索が切れたのが原因か、突然の心臓発作で倒れ、心不全(僧帽弁閉鎖不全症)の末期&肺水腫で一時は危篤。

これ以上の治療が出来無い為、投薬だけで通院しませんでした。

それでも、末期にも関わらず闘病1年5か月を自宅の酸素室で療養して生き抜きました。




★そして現在、生後2か月の女の子「ノエル」を新たに迎えて子育て中。

正直、子犬よりシニア犬に魅力を感じる私です。

まるで宇宙人の様な子犬相手に頑張って教育しています。

将来はミルキーやルーシーのように落ち着いた子に育って欲しいと儚い望みを…(遠い目)
バーコード
2017/07/22 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/01/13 (Wed)

今日は一段と寒い日でしたね。
室温5度!?この冬一番の寒さ!?手足が悴んできます。
けれど、夏の暑さに比べたら冬の寒さの方がまだ我慢できます。
要は、重ね着すれば良いからです(笑)

12月に暖房解禁したものの、日中は極力暖房を使わないようにしています。
私自身、寒さに慣れたのか割と平気で過ごせています。
今冬、風邪もまだ引いていないです。健康には良いのかもしれませんね。

人間はそれで良いとしても老犬のミルキー達にはこの寒さは堪えると思いまして、洋服を2~3枚重ね着させています。
あとは、敷くタイプのヒーターをベッドに入れたりして防寒対策をしています。
年を取ると内蔵機能が低下するから、なるべくミルキー達には暖かくしてあげています。

服を脱がせる時にブルブル震えているところをみると、洋服は十分に防寒の役目を担っているようです。
洋服を持って着せようとすると喜んで足を通してくれます。
<着ると暖かい>というのがワンコにも分かっているのでしょう。

犬に着せる冬服でお勧めするデザインは、フード付きの洋服です。
タートルネックも暖かくて良いですね。
但し、長毛犬の場合は脇や腹に毛玉が出来易いから、あまり体にフィットしない洋服がベストです。
皮脂が多い子は、肌に触れる部分(一番下に着る服)には綿素材が良いです。
静電気を起こし難いように重ね着の素材を合わせると、なお良いと思います。

拍手

PR
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]