忍者ブログ
16歳で旅立ったミルキー&心不全末期、肺水腫、腎不全のルーシー闘病記。そして、新入りノエルの子育てな日々
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
リンク
プロフィール
HN:
みる
性別:
女性
趣味:
食べる事
自己紹介:

★ミルキーは16歳と1ヶ月で天国へと旅立ちました。

頑張って生きようとする姿を見守り、最期は腕の中で看取ることが出来ました。




★ルーシーは15歳と9か月で旅立ちました。

心臓の腱索が切れたのが原因か、突然の心臓発作で倒れ、心不全(僧帽弁閉鎖不全症)の末期&肺水腫で一時は危篤。

これ以上の治療が出来無い為、投薬だけで通院しませんでした。

それでも、末期にも関わらず闘病1年5か月を自宅の酸素室で療養して生き抜きました。




★そして現在、生後2か月の女の子「ノエル」を新たに迎えて子育て中。

正直、子犬よりシニア犬に魅力を感じる私です。

まるで宇宙人の様な子犬相手に頑張って教育しています。

将来はミルキーやルーシーのように落ち着いた子に育って欲しいと儚い望みを…(遠い目)
バーコード
2010/01/18 (Mon)

ドアよりむしろカーテンの方が暖房効率も良いのかも・・・。
取り付けるコツは、カーテンレールはドア枠よりも上の壁へ。
カーテン丈は床に届く長さで。
ドアは開けた状態で上へ持ち上げれば簡単に取り外せます(重いから気をつけて)

年を取って目が見えなくなってくると、薄暗い廊下の閉まったドアに気づかず顔面を打ってしまいます。シーズーは鼻ペチャ犬だから目を傷付けてしまわないか心配です。

理由あって部屋のドアを閉めていたい時など、ミルキー達がトイレに行く度にドアを開けるのも面倒です。そんな場合に、出入り口がカーテンだと自分で捲って自由に行けるので楽です。怪我もしないしですしね。
一日のうち、一番長く居る部屋にカーテンを付けています。

余談ですが。
玄関の網戸って危険です!
庭に出て、家に入ろうと玄関に走り込んで来たルーシーが網戸に気付かずに激突してしまいました。
勢いがあったので網戸に当たった反動で後ろへ引っくり返りました。
ルーシーの目は正常なのに、網戸は見えないのか。
トラウマにはなっていないと思いますけど、・・・とにかく可哀想でした。

拍手

PR
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]