忍者ブログ
16歳で旅立ったミルキー&心不全末期、肺水腫、腎不全のルーシー闘病記。そして、新入りノエルの子育てな日々
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
リンク
プロフィール
HN:
みる
性別:
女性
趣味:
食べる事
自己紹介:

★ミルキーは16歳と1ヶ月で天国へと旅立ちました。

頑張って生きようとする姿を見守り、最期は腕の中で看取ることが出来ました。




★ルーシーは15歳と9か月で旅立ちました。

心臓の腱索が切れたのが原因か、突然の心臓発作で倒れ、心不全(僧帽弁閉鎖不全症)の末期&肺水腫で一時は危篤。

これ以上の治療が出来無い為、投薬だけで通院しませんでした。

それでも、末期にも関わらず闘病1年5か月を自宅の酸素室で療養して生き抜きました。




★そして現在、生後2か月の女の子「ノエル」を新たに迎えて子育て中。

正直、子犬よりシニア犬に魅力を感じる私です。

まるで宇宙人の様な子犬相手に頑張って教育しています。

将来はミルキーやルーシーのように落ち着いた子に育って欲しいと儚い望みを…(遠い目)
バーコード
2017/05/28 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/03/21 (Sun)

何とも大仰なタイトルではありますが、なるべく費用を掛けずにWANにとって快適になるのならこれ程良い事はありませんよね。

先ず最初に、上のルーシーの食事風景。布テープの上に小鉢を乗せて食べています(笑)
いつも食事中にお皿がどんどん動いてしまって、食べ零しが酷かったのが気になっていました。加えてミルキーの前足が悪くなってきたものですから、食事中の前傾姿勢もなんとか改善したいと考えて思い付いたのがこの布テープ+小鉢です。

布テープの真ん中の穴が小鉢の足部分にピッタリ嵌るので小鉢が落ちる事がありません。そして布テープ自体の重さでかなり安定し、テープの粘着性が滑り止めになり、食事中にテープが動かないんです。テープ幅がミルキー達にとって丁度良い高さであることもポイントが高いです。全部家にあったものを利用したから費用はゼロで悩み解消です!

737ad4f6.jpg
















ミルキーが前足を引いて歩くようになってから、フローリング部分にキッチンマットを敷き詰めました。我が家は全部フローリングだったから、かなりの枚数が必要でした。いろいろ考えて、キッチンマットだと汚れた時に最小限で洗濯出来るし、裏に滑り止めが付いていて人間も滑りにくいし、掛かる費用が少なくて経済的です。

幸いにもバリアフリーの家だから、出入り口のドア部分とかも全てフラットに敷けてミルキーも躓かすに歩いています。今まではフローリングですべる為、妙に力を入れて歩いていたのでしょうね。とても自然な歩き方になったのを見て、もっと早くマットを敷けば良かったと悔いています。1年半、滑りやすいフローリング生活をさせてしまいました。早くに改善していたら、前足の異常も無かったかもしれません。

こういう問題は、どうしても後手に回ってしまいがちですが、何かの異状や病気になってから気付くのではなくて、先回りして改善していきたいですね。住環境だけでなく食生活、老齢を迎えた時に様々な症状が出る様な気がします。

拍手

PR
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]