忍者ブログ
16歳で旅立ったミルキー&心不全末期、肺水腫、腎不全のルーシー闘病記。そして、新入りノエルの子育てな日々
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
リンク
プロフィール
HN:
みる
性別:
女性
趣味:
食べる事
自己紹介:

★ミルキーは16歳と1ヶ月で天国へと旅立ちました。

頑張って生きようとする姿を見守り、最期は腕の中で看取ることが出来ました。




★ルーシーは15歳と9か月で旅立ちました。

心臓の腱索が切れたのが原因か、突然の心臓発作で倒れ、心不全(僧帽弁閉鎖不全症)の末期&肺水腫で一時は危篤。

これ以上の治療が出来無い為、投薬だけで通院しませんでした。

それでも、末期にも関わらず闘病1年5か月を自宅の酸素室で療養して生き抜きました。




★そして現在、生後2か月の女の子「ノエル」を新たに迎えて子育て中。

正直、子犬よりシニア犬に魅力を感じる私です。

まるで宇宙人の様な子犬相手に頑張って教育しています。

将来はミルキーやルーシーのように落ち着いた子に育って欲しいと儚い望みを…(遠い目)
バーコード
2017/07/22 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/03/03 (Wed)

悪天続きでなかなか外に出れない日が多く、今日の外歩きは久々な気がします。

確かに久し振りだった様です。ミルキーが上手く歩けません!!大ショックです!!!
一歩を踏み出そうとしてベシャッと前方へ転びました。
後ろ足が曲がって踏ん張れず、ヘッピリ腰のような姿勢です。ミルキー自身も「どうしたんだろう?」とお尻の辺りを気にして振り返っています。
家の中では普通に歩いていたと思うのですが・・・一体・・・。

暫く見ていると、左右にヒョコヒョコ揺れながら歩き出しました。何処を見ているのか分からないような視線を時折、上空に向けたりしています。その内、オシッコとウンチをそれぞれ2回もして、いつものミルキーにホッと胸を撫で下ろしました。

3-1.jpg
















このように足に力が入らないのか姿勢が低く、まるで老婆が杖をついて歩くようです(涙)
10分程度、短い距離を何往復もヨチヨチ歩かせて家に入りました。
運動して疲れたのか、直ぐに眠ってしまいました。

3-3.jpg
















それから一時間後、眠りから覚めたミルキーはご機嫌な様子で玄関へ行き「外に出たい」と強請り始めました。さっき出たばかりで足も綺麗に洗っていたのに「仕方が無いなぁ~」と再び外に連れ出しましたら、やはりベシャッと足が縺れるように転ぶのです。

そして5分もしない内に今度は抱っこを強請ります。一度抱き上げてから地面に下ろして様子を見ていたら、右前足が反って真っ直ぐ伸びず、足が踏み出せないみたいです。肘が曲がっている感じです。一時的なのかそうでないのか、今後注意して観察しようと思います。

ミルキーは今、3ヶ月に1歳年を取るペースで生きています。
ミルキーにとって、ちょっと前は随分昔の事なんですよね。
前に、<食事中はじっと大人しく膝の上で待つ>ような事をブログに書きましたが、3日前から食卓の料理は全部ミルキーが食べても良い事になったみたいです(涙)
俺様何様ミルキー様の全面解禁だそうです!
あぁ~、嘘でしょう?本当に!?目の前で皿を舐めているミルキーに我が目を疑いました!!!

拍手

PR
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]