忍者ブログ
16歳で旅立ったミルキー&心不全末期、肺水腫、腎不全のルーシー闘病記。そして、新入りノエルの子育てな日々
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
リンク
プロフィール
HN:
みる
性別:
女性
趣味:
食べる事
自己紹介:

★ミルキーは16歳と1ヶ月で天国へと旅立ちました。

頑張って生きようとする姿を見守り、最期は腕の中で看取ることが出来ました。




★ルーシーは15歳と9か月で旅立ちました。

心臓の腱索が切れたのが原因か、突然の心臓発作で倒れ、心不全(僧帽弁閉鎖不全症)の末期&肺水腫で一時は危篤。

これ以上の治療が出来無い為、投薬だけで通院しませんでした。

それでも、末期にも関わらず闘病1年5か月を自宅の酸素室で療養して生き抜きました。




★そして現在、生後2か月の女の子「ノエル」を新たに迎えて子育て中。

正直、子犬よりシニア犬に魅力を感じる私です。

まるで宇宙人の様な子犬相手に頑張って教育しています。

将来はミルキーやルーシーのように落ち着いた子に育って欲しいと儚い望みを…(遠い目)
バーコード
2013/12/19 (Thu)

寝てる間にコッソリ顔の毛を切ってるけど、チャンスが少なくて困る


昨日から左前足が動かなくて、殆ど歩けなくなりました。
いつもなら心臓よりも高い位置に前足を上げたり、マッサージをすると良くなっていたのに、今回は一向に治らないです。

前々から偶に起こるこの麻痺は、心臓病からの痺れだと思っています。
ただ、心臓病になると血流障害が起きて「血栓」が出来易くなりますから、もしかしたらその疑いがあるかもしれないです。
心筋梗塞や脳梗塞も同じで、血管が詰まって血液の流れがストップしてしまうと、そこから壊死が始まります。
心臓病が原因で、他の病気へのリスクが高まるなんて本当に恐ろしいです。



明日、また歩けるようになりますように


左足に触れると、足裏パッドは冷たいけど腕から足先までは温かいし、痛みは無いみたい。
希望的観測として、昨日今日と雨模様で低気圧の影響を心臓が受けている所為で一時的に左前足が悪くなっていたら・・・・・・良いのになぁ。
よく梅雨時に体調崩す人が多いのは、ジメジメ湿気より低気圧が原因みたいなんですよ。

歩きたくても歩けないルーシーを不憫に思って洋服を掴んで前足を持ち上げてあげたら、後ろ足だけで物凄い早さでスタスタ歩きました。
その様があまりにも可笑しくて笑っていたら、ルーシーも速く歩けて面白いのか尻尾を振って喜んでいました。
本当は心配で心配でたまらないけど、いつものルーシー(笑)にチョット安心しました。



いつもどおり食欲旺盛。毎回ボロボロ零して食べる



落ちたフードを拾って食べるのが楽しいみたい



目が殆ど見えないので、お皿に残ったフードに気付かない



貼るカイロ(ミニサイズ)でホカホカ


酸素室内が寒くて(13~16℃)、昼間も背中にカイロを貼り付けました。
床のホットカーペットで足とお腹を温めて、貼るカイロで背中を温めれば全身ぬくぬくパーフェクトです♪

前にも書いたけど、カイロって高温(60℃以上)で手で触っても熱く感じて、とても危険です。
下に洋服を着てから、この毛足の長いファーコートの上にカイロを貼っても、背中の皮膚はかなり熱くなりました。
周りの空気の温度が低ければ、これほど熱くは感じないと思いますが、やっぱりカイロと皮膚の間にはある程度の厚さの布(空間)が必要だと実感しました。



温かい部屋でくつろぐルーシーたん♪


ですから、体にぴったりフィットする腹巻やセーターにカイロを貼らない方が良いです。
こんな事する人はいないと思いますけど、お腹やわき腹等、寝転んだ時に下敷きになるような場所へ貼るのもNGです。
低温火傷は、かなり深部まで火傷を負って痛みも酷いし悲惨で可哀相です。

それから、ホットカーペットも温度調節機能がイカレた時に低温火傷を負って大変危険で、ハナから私は信用していません。(実際に動物病院のホットカーペットで低温火傷した例を読みました)
だから、イカレた時にも大丈夫なように何枚も敷物を敷いた上にルーシーを寝かせている訳なんです。



さりげなく写り込む、野次馬ルーシー(笑)


貼ったカイロが剥がれ落ちないように、或いはオシッコや吐瀉物がカイロに直接掛からないようにと、今回も背中に二重ポケットをザクザク手縫いで付けました。
その辺の余った布を適当にくっ付けたので、ファッションセンス皆無です。
折角のファーコートが台無しですが、何処にも出掛けないので全然OKです。
ブログで恥をかくだけなので・・・・・・ハハハ(涙)



足が動かない分、今日はずっとゴミ箱を舐めている



隣のボード扉も舐め出して、これはSTOP!!体に悪いものが付いてそう



シンク扉も更に舐める範囲を絶賛拡大中。私の拭き掃除範囲が広がった



バイオミックス(バチルス菌)200g ¥3,885-


カビを食べる良いカビのバチルス菌。
冬は低温でカビの活動も鈍るし必要ないかな?なんて思っていたけれど、ルーシーの為にガンガン暖房器具使っていたら窓枠にカビが大量発生!!!
結露シート使っても結露の方が多くて全くダメ。
ということで、この冬もバチルス菌を購入しました。

大気中のカビをパクパク食べて貰って、少しはカビ菌を減らしたいです。
ルーシーのトイレの臭いもかなり軽減されるので、無駄な買い物にはならないですね。
やっぱり、あると無いとでは違いが分かります。
ただ、もう少し値段が安いと嬉しいな。



今週は花柄コーデュロイのワンピ


今日、ルーシーの顔をジッと見つめていたら、突然ブワッと涙が出そうになりました。
あまりにも可愛くて泣けてくる、そんな事があるんですね。

末期ゆえに、タイムリミットを考えなかった日はありません。
あと2週間を経たずに、末期宣告されてから闘病生活1年を迎えます。
よくぞここまでという万感の思いと、もっとこれからもという懇願をルーシーに抱いています。

無謀だと思っていた願いが現実に叶い、こうして約一年もの間ルーシーと静かに暮らせて本当に幸せです。
この夢がこの先も続くように、これからもサポートしていきたいです。





+++拍手お礼+++

■ろんまま様
いつも拍手有難うございます。前回の記事、読み返してみるとウンチばかりじゃなかったですね(笑)ウンチのインパクトが強くて、そんな風に思い込んでいたみたいです。
あえて、今回はそのネタには触れなかったんですよ。と言いつつも、ここで書いている事実!!
結局、悲しい事にこのネタは付いて回るようです。


■陸ママ様
拍手有難うございます。私の場合は、ミルキーを亡くして10ヵ月後にルーシーが発作で倒れました。陸ママさんのケースは私の想像が付かないくらい辛いお気持ちだと思います。
心配で不安になって当然です。むしろ、こうしてコメント下さって、とても冷静だと思います。
陸ちゃんがシーズーちゃんと同じ病気でしたら、きっと知識がお有りですね。もう始められているかもしれませんが、酸素室や療養食等、出来る事から行ってはいかがでしょうか。
また、ベトメディン等良いお薬があり、多くの場合延命が可能です。陸ちゃんはまだ若いし、これから先何年も生きられる可能性は高いと思われます。
ルーシーやここにコメント下さった方々の経験から、心臓発作を起こして暫くはとても不安定な状態です。薬が効いて心臓病をコントロール出来るようになるまで、ひとつの山場です。
安静にして肺水腫に注意して、どうか乗り越えて欲しいと願っています。

拍手

PR
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]