忍者ブログ
16歳で旅立ったミルキー&心不全末期、肺水腫、腎不全のルーシー闘病記。そして、新入りノエルの子育てな日々
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
リンク
プロフィール
HN:
みる
性別:
女性
趣味:
食べる事
自己紹介:

★ミルキーは16歳と1ヶ月で天国へと旅立ちました。

頑張って生きようとする姿を見守り、最期は腕の中で看取ることが出来ました。




★ルーシーは15歳と9か月で旅立ちました。

心臓の腱索が切れたのが原因か、突然の心臓発作で倒れ、心不全(僧帽弁閉鎖不全症)の末期&肺水腫で一時は危篤。

これ以上の治療が出来無い為、投薬だけで通院しませんでした。

それでも、末期にも関わらず闘病1年5か月を自宅の酸素室で療養して生き抜きました。




★そして現在、生後2か月の女の子「ノエル」を新たに迎えて子育て中。

正直、子犬よりシニア犬に魅力を感じる私です。

まるで宇宙人の様な子犬相手に頑張って教育しています。

将来はミルキーやルーシーのように落ち着いた子に育って欲しいと儚い望みを…(遠い目)
バーコード
2017/05/28 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013/11/05 (Tue)

今週もしっかりご飯を食べました。


ルーシーの体調は安定していて非常に良いです。
咳もかなり少ないです。

ここのところ、かなり涼しくなって温度管理に気を配っています。
23度前後が快適温度らしく、足りなければ洋服をもう一枚着せたり、寝床にフリースを敷いたりして今は凌いでいます。

温度差が10度になるとヒートショックといって、心臓がウッ!!となり危険です。
心臓病の子は、発作を引き起こして命の危険を生じ特に注意が必要ですし、人間も同様です。
皆さんも、どうかお気をつけ下さいね。



本日がXデーとは知らずに、暢気にご飯を食べるルーシー。


モンシュシュ(入浴剤)を購入以来、ルーシーの体調と相談しながらずっと、お風呂に入れる機会を伺ってきました。
ところが、台風が来て体調崩すは気温はグッと下がるはで、なかなか機会に恵まれずにいました。

すっかり冬の気配に包まれて寒さを感じる今日この頃、滅多に無い「暖かい日」がやってくることを天気予報で知りまして、いざ決行!!とルーシーには内緒(笑)で計画を立てました。



先週と似たようなワンピだけど、デザイン違い。ペチコート付き。


お風呂に入れる前に、スリッカーで簡単にササッと毛を梳かしておきました。(凄く嫌がった)

また、この日の為に数日前に「肛門腺絞り」もしています。
前回絞ったのが5月くらいだったから、実に5ヶ月ぶりに絞りました。
今回も嫌がって暴れて興奮させてしまって、心臓がヤバそうになって途中で止めたけど結構出ましたね。
なんだか肛門腺の右側だけコリコリして大きくなっていました。

私も肛門腺絞りは嫌いです。
あぁ、これでまた数ヶ月絞らなくて済むから安心です~~。



洗面器3杯くらいのお湯に、モンシュシュをキャップ半分くらい投入


心臓病だし肺水腫だし、本来なら入浴させないほうが良いだろうけど、思いの外長生きしてくれて11ヶ月もシャンプーしていません。
ルーシーの体質的に悪臭は全くしないんですが、流石に皮膚から出る垢とフケはどうしようも無いです。
今を逃したら来年の春までシャンプーする機会を失ってしまいます。
幸い、ルーシーの体調は良い状態で大丈夫そうな感じがします。



これが、前の記事で紹介した「モンシュシュ」です


このモンシュシュなら5~10分お湯に浸かって軽くマッサージするだけで良いので、体への負担は少なくて済みます。
また、心臓病&肺水腫の子に湯気を吸わせてはいけないので換気扇をかけたり、気温の高い日の日中にぬるま湯で短時間に入浴させる工夫が必要です。

既に準備は万端です。



入浴後のお湯。中の小さいタオルで軽く体を摩りました。


はい、無事に入浴し終えました♪
10分どころか5分しか浸からなかった「カラスの行水」でしたけどね!ハハハ!(涙目)

以前は、お湯に浸かるのが好きな子だったのに、あんなに嫌がるとはビックリでした。
全身のマッサージなんて全然出来なくて、片手でチョット背中とお腹あたりを撫でたくらい。
本当はもっとガッツリ擦りたかったけれど、ルーシーの心臓がドキドキしてるし呼吸はハァハァしてる状況では、せいぜい5分がタイムリミットでした。

たった5分じゃ綺麗にならないと思うじゃないですか、でも上の画像を見るとお湯が少し濁っているのが分かりませんか?
実は水面一面ににフケらしきものがプカプカ浮いてるんですよ。
す、凄い~~~!!



入浴後のむっちりルーシー。最近、体重測ってなかった。



顔は濡らしていない。耳は半分まで濡らしました。


バスダブからルーシーをタオルに包んで引き上げて、暖かい部屋へダッシュ!
素早くタオルドライして、ドライヤーを当てたら・・・・・・。あれれ???
なんだか凄く早く毛が乾いてきます。
温風で1本1本の毛がバラけて、15分位で乾いちゃいました。

今までの普通のシャンプーでは毛が束になって、スリッカー当てながら30分以上もドライヤーしてたのが嘘みたいです。
楽で良いですね。



ドライヤーやって、テンションあげあげなルーシー


5分入浴でも、ご覧の通り綺麗になっています。
犬独特の匂いもしません。
ほぼ無臭です。

汚れが気になって、半分濡らした耳の毛の脂の匂いが消えていました。
お腹や内股の黄ばんだ地肌も綺麗な白い肌に♪



一回りデカくなったような気が・・・・・・(汗)


それに、このボリューム!
全体にフワフワで、毛はサラサラ。
首から後頭部もモンシュシュで濡らしたのでフワサラ、になっています。



ますます可愛いルーシーたん!ハァハァ


ルーシーが服着てない画像って珍しいです。
全裸です、全裸(笑)

とりあえず小汚い鼻周りの毛は置いといて、若返りました。
テンション上がって、表情がイキイキしているからでしょうか。
可愛いだの、綺麗だの、いい匂いがするだのと連呼して、ルーシーを追い掛け回し毛に顔を埋め、褒め殺しです。
ルーシーだって嬉しいのかな。



プリケツでございます。


肛門腺絞りしたオシリも綺麗になってました。
悪臭はありません。

ただ、肛門周りにくっ付いていた小さなウンチは付いたままでした。
気付かずにドライヤーしたので、変わらずウンチが付いてます(笑)
取ってやれよって話ですよね。



おトイレ中でございます。



何故か、お風呂に入った後にトイレに直行します。
ミルキーもそうでした。
お風呂に入るとトイレに行きたくなるのでしょうか?



めしうま!!モグモグ



ムムム。これ硬いな~~



はっ!?飲んじゃった!!



落ちてないかチェック☆



疲れた~。長い一日だった。



ZZZZZZ・・・・・・・



るんるん♪


最近、またニュース番組でPM2.5の話題を目にするようになりました。
冬はPM2.5が多いって言ってましたけど、春夏も多かったです。

ルーシーが肺水腫になってから、PM2.5の飛来情報を毎日チェックして換気や洗濯をしてきました。
東海地方って関東よりも飛来していて、窓を開けられない日が多くて困ります。

一昨日、どうしても部屋の空気を入れ替えたくて窓を開けたら、ルーシーが咳をし始めました。
窓を閉めても、その日は咳が多くて心配しました。
その日の飛来量は「やや多い」程度だったけど、ルーシーは影響を受けたみたいです。



今年の初めより、現在の方が元気そうに見えます。


ご存知の通りPM2.5は非常に小さな粒子で、血管中に入り込み全身を巡ります。
しかも、体内に蓄積する危険な汚染物質です。
心臓疾患、肺疾患の患者に特に悪影響を及ぼします。

病気と闘っている子に、こんな汚染された空気を吸わせたくない。
ルーシーの病気が重度な所為もあるけど、窓を開けただけで危険があるなんて馬鹿な話があるものか、と心底腹が立ちます。

放射能もそうですが、見えないからこそ怖いです。
知ろうとしなければ、そこにあることにすら気付けません。
守りたいから、知ることから始めたい。




+++拍手お礼+++


■クロママ様
拍手&コメント有難うございます。ご心配下さって感謝します。お陰さまで今はもう元気になりました。なかなか無理が利かないお年頃な為、もっと気を付けなければと思っています(笑)下手したらルーシーと共倒れになってしまいますものね。
クロちゃんのこと、ふと思い出すとギュッと心が辛くなると思います。暫くすると、悲しみよりも寂寥感の方がだんだんと強くなってくるかもしれません。寂しさを紛らわせる何かが必要かもしれませんが、毎日を変わりなく過ごす事が大事だと思います。想い出はまだまだ胸の奥にしまっておいたほうが楽だと思います。これは私の体験ですけども。


■ろんまま様
いつも有難うございます。ろん君、ワイルドなライオンカットですか?確か以前も同じカットしてましたよね?パパさんに好評で良かったですね。
年内にもう一回くらい美容院へ行くのでしょうか?そうですね、結構なお値段しますよね。
ルーシーも綺麗サッパリしましたよ。顔は相変わらずですが(苦笑)私の目がヤバイのか、あの鼻の毛ですら可愛いです。

拍手

PR
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]